アルトコインの取引所・販売所まとめ。

日本でも、取引所・販売所の数が増えてきました。数が増えると、各取引所は、他社と異なる独自性を強調する必要が出てきます。その理由は、独自性がないと、顧客は魅力的な他社に移ってしまうからです。

なので、各取引所では、取引可能なアルトコインの種類が徐々に増えています。

国内で仮想通貨を売買できる取引所・販売所例は以下の通りです。

  • ビットフライヤー(bitFlyer)
  • GMOコイン
  • ビットポイント(BITPoint)

なお、DMM Bitcoinは独自性があります。これら5つの仮想通貨でレバレッジ取引が可能だからです。

ビットコインでは、レバレッジ取引が可能です。

しかし、ビットコインキャッシュやライトコインまでレバレッジ取引が可能というのは、かなり珍しいです。DMM Bitcoinでなければ取引できないというのは、かなりの独自性です。

レバレッジ取引ができるということは、価格下落局面でも積極的に利食いを狙えます。アルトコインの下落局面で利食いを狙えるようになりました。

ビットコインとアルトコインの違い

次に、ビットコインとアルトコインの違いについて説明します。

アルトコインを開発する際、ビットコインと全く同じ特徴の仮想通貨を作ることはないでしょう。ビットコインと同じならば、あえてアルトコインを使う必要はないからです。

なので、アルトコインの特徴を一言で書くなら、ビットコインとは違うというのが特徴であるということになります。

では、具体的にどのような点が違うでしょうか。例えば、ビットコインの欠点を改善することにより、違いを出しているアルトコインがあります。ビットコインで指摘されている懸念、デメリットは、例えば以下の通りです。

・ブロックチェーン作成のペースが10分に1回しかないので、即時支払いをするには便利ではない。
・マイニングをするのに巨大な電力と計算力を使用する

これを改善して、ブロックチェーン作成ペースは数分に1回、採掘に要するエネルギーはわずかという違いを出しているアルトコインがあります。

代表的なアルトコインをいくつかご紹介します。

リップル(XRP)

リップル社が開発している仮想通貨で、特定の一社が開発しているという点で、ビットコインとは性格が大きく異なります。ビットコインは銀行システムとは独立した存在ですが、リップルは銀行システムを改善しようとするシステムです。

イーサリアム(ETH)

アルトコインの代表格といえるのが、このイーサリアムです。イーサリアムのシステムを利用して、別のビジネスを開発・展開できます。投資資金を集める仕組み「ICO」において、イーサリアムを使う例が多数あります。

モナコイン(MONA)

アスキーアートでおなじみの「オマエモナー」をモチーフにした仮想通貨です。日本で開発された仮想通貨です。

サニーコイン

サニーコイン仮想通貨の理念は、「世界中のあらゆるお店でもらえ、世界中のあらゆるお店で利用できる世界共通ポイントとしてsunny coin(サニーコイン)を流通させることで全ての人の生活を豊かにすることを考えています」になります。